Online Exhibition 出展者検索

セキダイ工業株式会社

出展区分
加工技術/部品
金属機械加工分野(切削・研削・放電・レーザー等)
出展タイプ
リアル展示
小間番号
G-62

事業内容

当社は長年、本田技術研究所様からの要望に応えて2輪・4輪のレースエンジン・ヘッドを高品質・短納期で製造してきました。
五軸マシニングセンターを主力とし、材料手配から熱処理・表面処理まで一貫した加工が可能です。品質を保証する為、三次元測定機を中心に各種検査器具を取り揃えております。

現在はHONDAさんの他に半導体関係、航空宇宙部品、医療機器、音響機器など幅広い業界でお手伝いをしております。

主な展示製品・加工技術・サービス名

金属の切削加工部品
(実機車両に使用される部品から展示会向けに製作したインマニや燃料パイプのサンプル部品など)

アピールポイント

①マシニングセンター、複合5軸加工機を使用した高精度な金属切削加工

②月産10~1000個の小量産製作から数量1個の試作迄対応

③マグネシウム、インコネルも含む金属全般の切削加工

④手のひらサイズ~300角までの加工部品が最適解

□■□■□■□■□■□■厳選加工動画□■□■□■□■□■□■
YouTubeにて公開の動画からおすすめ動画5選

50㏄単気筒エンジンに取り付くシリンダーヘッド。バルブの摺動部と接地面に銅合金を圧入し共加工し、更に上部のカムシャフトホルダーとシリンダーヘッド本体を組付けてシャフト穴を共加工しています。

今、メディア等で非常に注目を集めている「KUMADAIマグネ」。セキダイ工業では材料調達~加工~表面処理まで一貫対応します。
こちらは実機搭載部品ではありませんが、別素材でお客様へ納品した部品の材質違いの加工品となります。

インテイクマニホールド…エンジンに空気を送り込むための管。展示会向けに当社で企画・構想し、株式会社童夢様(DOME CO.,LTD)にて設計モデリングをして頂きました。

加工のポイント…外観だけではなく部品内部を含めた全体的な面粗度には気を付けて加工しています。また、加工のハイライトはボールエンドミルによるボア内径の切削加工です。

フューエルパイプ…液体燃料を供給する部品であるフューエルパイプを通常使用より更に難形状にした物を株式会社童夢様(DOME CO.,LTD)にて設計モデリングをして頂きました。

加工のポイント…中央の3つの長穴の加工がポイントとなります。パイプ内部に流動するオイルの量を増やすために 1つではなく3つの穴を開けています。3つが独立するわけではなく、3つの円がそれぞれ欠けている形状の穴となります。通常元々空いている穴に接弦

OKUMA社の複合加工機マルタスで削り出した64チタン部品。
エコレースで使用される部品

出展企業情報

会社名

セキダイ工業株式会社

住所

〒146-0082 東京都大田区池上8-14-13

資本金

4,000万円

従業員数

63人

お問合せ先 部署

営業部

お問合せ先 氏名

柿沼 秀明

TEL

03-6410-6446

Email

kakinuma@sekidai.co.jp

URL

http://www.sekidai.co.jp/